認知→興味→比較→購入まで繋がる 口コミ・SNSマーケティング

今回は消費者庁のデータを扱いますので、文章は少しお堅めで
プロのサラリーマンですから、御上には基本逆らいません。

消費者庁の公表データによるとSNSの口コミを見て商品を買う消費者は10代後半~20代は約4割もいるそうです。



2016年に20代~40代女性を中心に弊社で行ったアンケートでも、SNSを参考にするという声が急激に伸びた為、サウスポーのお取引企業にSNS対策をお薦めしておりましたが

当時はまだ『SNSの流行りはわかるけど、まだ効果的にね…』と仰ってた企業さんも、去年の夏前くらいからSNSプロモーションのご要望が多くなり、市場が急激に動きだしたと社内で緊急MTGをしたのも夏のいい想い出です。

毎日SNSを利用するという人が50代が31%、40代で35%、30代45%、20代61%、10代72%以上と、毎日何かしらでSNSを利用している人が殆どで

「商品やサービスを検討するときに口コミを参考にする」と回答した割合は、20代では71.4%を占め、特に20歳代女性は82.7%に達し、年代別では30代は約7割、40代は約6割、50代でも約5割が「参考にする」と回答しており、気になった商品を見つけた際、口コミを検索する人の割合はほぼ9割でした。

<良い口コミ・悪い口コミ>口コミ自体を購入の参考にする人が殆ど

消費者は良い口コミだけを参考にするとは限りません。

悪い口コミからも自分の特性に合わせて商品を判断する人も少なくなく、たまに悪い口コミがあっても不特定多数の人が使えば多少の悪い口コミに不思議もなく逆に自然と思うからでしょう。

使用した人の年代や肌質などを参考に評価をみて、自分の特性に合うかをチェック・判断した上で購入を考える流れになっているといえます。

大事なのは、口コミがあるのかどうか、最近の投稿なのかどうかで大きな差がでています。



そもそも対策ができていないと購入に至らない。

至らない理由は、認知・興味・比較という消費者の購買意欲につながる動機付けがないからです。多数の人が購入に際し、何か後押ししてくれる理由が欲しいようです。

友人や家族、有名人が良いと言っているから、だったり、自分と類似した特性の人が気になる商品を評価していた等、興味はあっても、お金を出して『買う』というハードルを超えさせる必要があるわけです。

口コミの対策をしてなくて、売上が落ちているとしたら、対策をしている競合他社に奪われている可能性があります。
はっきり、できている!と言えなければ対策が必要です。

今後現れると想定される3つの消費行動タイプ

2030年の消費経済市場において自律的消費、他律的消費、偶発的消費の3つの特徴的な消費行動が現れるのではないかと提示しています。



この3つの行動タイプは1個人に共存していて、消費者は一つに留まらず、常にそれぞれののタイプ間を行き来しています。

変化の兆しを察知し、何の要素で変化が起こるのかを見極め、消費者行動タイプ間での動きをいち早く掴むことが消費者の気持ちを理解することがマーケターとして重要です。

消費者の行動を掴むには消費者を利用しよう

上記でも記載しましたが、商品を購入するのは消費者です。
結局消費者目線の記事でないと、効果はありません。

弊社には優良なライター会員さん(モニターサイト│第2広報室)が登録しています。
商品をお持ちのメーカー様や、代理店様のご要望に合わせたインフルエンサーを活用いただけるプロモーションとなっております。

Instagram、TwitterなどのSNS、その他メディアや専門メディアなど、インフルエンサーに商品の使用したリアルな声を拡散してくれます。

他社様と違う特徴として、7年の実績から投稿率は平均でも8割~9割を超えます。高い時は200%以上(1人2~3記事投稿)

ただ、商品の使用をして肌や髪質と合わないなどもある為、良い意見のレビューではないこともございます。
それがリアルであり、乾燥肌の方が脂性肌の商品を使用した場合、評価が割れるのは当たり前です。

良い口コミばかりがならんでいてもそれは逆に嘘くささや、ステマと消費者にとられる可能性があります。
お取引きのある企業さんからは施策終了の報告時、厳しい声も含めて、次の商品開発や改善につなげられるといただくことも多いです。

※商品の特性に合いそうな人(肌質など)をあらかじめセグメントすることも可能です。


ご検討中でしたらお気軽に無料相談フォームからご連絡ください!

無料相談フォーム

法人名称(法人格)必須
お名前必須
電話番号必須 ※ハイフン(-)を除いて数字のみで入力してください。
メールアドレス必須
ご利用形態必須
弊社をどこでお知りになりましたか?
※複数選択可
検索エンジン(Google、Yahoo!等)友人・知人からのご紹介SNSの投稿を見て資料DLサイトを見て以前お取引きがあったメルマガを見てその他
サービス導入を考えている商品やブランドであてはまるものをお選び下さい。
波及をお考えのメディアがあればご選択下さい。
※複数選択可
専門メディアインスタグラムTwitterFacebookその他
お問い合わせ内容

取引実績企業様一覧(※一部抜粋)

関連記事

  1. 化粧品・食品サンプリングプロモーションで口コミ・レビュー対策