「トリプルメディア」でメディアの役割を整理する

トリプルメディアでメディアの役割を整理する

マーケ担当者 A
マーケ担当者 A
上司からあれこれ振られて引き受けるが、専門外なので、実はあまり理解してない。

マーケティング担当者の中には、上司からあれこれ振られ、各種メディア運用を引き受けている方が多々いますが、専門でないし、実はあまり理解していない方も多くいると思います。

「口コミ・SNS=波及目的だけのモノじゃないの?」
「口コミ・SNSは効果が見えにくい…」
「SNSを自社運用しているがうまくいかかない…」
というお声が多々ありましたので、

そんな方にとって理解しやすいのが「トリプルメディア」です。

営業担当 飯塚
営業担当 飯塚
「第三者の評価」を作り上げれば、リピーターが増え、売上も上がるということを実際に体験・実感した元飲食店料理長の飯塚です。1年前にPR・販促の世界へ飛び込んできた異色の経歴の私が、「トリプルメディア」を使って説明します

 

トリプルメディアとは


メディアマーケティングで必要とされる3つの領域を表したもの。ペイド、オウンド、アーンドの3つのメディアに分かれ、それぞれに別々の目的や誰が主体となるかで、分類されます。注意として、ツールの名前ではなく、領域を現し体系化したものになるので、例えば
同じSNSでも発信者・目的によって当てはまる領域は異なります。

オウンドメディア

自社のメディアのことで、HPや自社の看板などです。最近では各SNSの公式アカウントもオウンドメディアの部類に入ります。ブランドメッセージの理解を促進させるためや、ブランド、会社の信頼という位置づけです。最近では、いきなり企業のHPで買うという方は減ってきているので、集客や購買の後押しという目的ではあまり機能しなくなってきています。

ペイドメディア

 

一言でいうと「お金を払って買うメディアのことです」下記の図にもあるように、BtoCもしくはBtoBtoCを事業として行っている企業さんが、生活者への発信ため、代理店などに作成依頼をした制作物・メディアです。要はバナー広告、リスティング、テレビ、雑誌などです。ちなみに、インフルエンサーさんへ「○○の商品で、~です。」と書いてと依頼をしていたら、それもPR目的の記事の一つとして外注しているのでペイドメディアに含まれます。

アーンドメディア

アーンド(earned)=信用や評判を獲得するという意味です。お金を払うわけでもなく自社ののものでもない、雑誌の編集記事で取り上げてもらうことやSNSや口コミサイトなどでの口コミのことです。(※SNSの口コミなどは、アーンドメディアと分けてシェアードメディアと語られることもあります。)
皆さんも日常生活を思い出して見てください。以外と身近な人の体験談で、「いいな~」「自分も」と思うこと多いと思います。最近では、ご飯食べに行くときでもSNSや口コミサイトを参考にすることの方が多くありませんか?私はすぐ参考にします。それはなぜでしょうか?トリプルメディアの中でも、アーンドメディアは1番企業からのコントロールが難しい領域です。生活者目線で見れば、リアリティのある情報を得ることができる一番信憑性が高いモノだからです。
企業からのメリットや効果、成分情報でなく、そこから何が得られたかというベネフィットの部分を唯一発信できるのがアーンドメディアです。なので、モノ⇒コト、モノ+コトといわれる昨今、アーンドメディアは影響力を増してきています。

営業担当 飯塚
営業担当 飯塚
アーンドメディアとUGCとの違いを説明します。
UGCとは、「User Generated Content」(一般ユーザーによって作れられたコンテンツ)という意味で、口コミ・SNS・ブログなどの個人の「投稿」のことを差します。アーンドメディアは「トリプルメディアで(ペイド・オウンド・アーンド)」でメディアを3つの役割の中の1つの「領域」のことを差します。トリプルメディアは3つのバランスが大事なので、UGCのコンテンツ「量」を追い求めるのは有効ではありません。

トリプルメディアはツール分けではない

「インスタグラム=アーンドメディア」というイメージをされている方も少なくないと思います。でも、使い方・目的・発信者の違いなので、インスタグラムはトリプルメディアの全てを兼ね備えているSNSといえます。

トリプルメディアをインスタグラムに当てはめる

公式アカウント(オウンドメディア)

公式マークがついた会社の公式アカウントはここに属すものです。集客や認知という力はあまりなく、ブランドへの理解促進や、信用を獲得することが目的となります。

インフルエンサー・SNS広告・美容メディアへの出稿(ペイドメディア)

インフルエンサーへの依頼または、依頼+報酬を支払い投稿してもらうことも一種の広告になるのでペイドメディアになります。あくまでも企業側からの発信したいことを依頼して形にしてもらう行為なので、「#PR」と必ず表記しましょう。

個人の投稿・無償で投稿される体験談(アーンドメディア)

オウンドまたは、ペイドといわれる領域との一番の違いは「他薦」であるところです。企業目線ではない素直な個人の体験談がアーンドメディアとなります。何よりPR、PRしすぎていることが嫌われつつある昨今、メディアマーケティングの中でも影響力を増してきています。
ただ、何もきっかけを生み出さない限り勝手にアーンドメディアの環境ができることはほぼありません。

どういう目的で使うメディアかを考える

近年様々なメディアやツールが生み出されたている世の中において、やはり、今一番考えなければいけないところは「何を使うかでなく、誰がどういう目的で使うか」なのではないでしょうか。

利用目的によって全然変わってきますので、公式インスタやってるのに全然集客できない…と思っていらっしゃる方は、今一度何の目的でというところを整理したほうが良いかもしれません。

ご相談は飯塚か相談フォームまで

無料相談フォーム

法人名称必須
お名前必須
電話番号必須 ※ハイフン(-)を除いて数字のみで入力してください。
メールアドレス必須
お問い合わせ内容

関連記事

  1. 日本マーケティング協会主催 「買い場」展開がわかる基礎講座 受講レポ…

  2. 生活者の「好き」を販促・PR・マーケティングの素材として活用する【第2…

  3. 「バズる」のは本当にいいこと?メリット・デメリットを解説

  4. 【販促・PR】サウスポー15周年スタートキャンペーンのご案内【9月30…

  5. 目的に合わせた サンプリング施策メニュー紹介

  6. 企業でライン公式アカウントを利用する際に注意すべきこと4つ