参考にしよう!SNS公式アカウントの成功事例4つ

参考にしよう!SNS公式アカウントの成功事例4つ

現代社会ではスマホの普及とともに、私たちの生活とSNSが強いつながりを持っています。SNSの中でも有名なFacebookは、14.5億人以上が毎日使用している調査もあります。そんな誰もが使うSNS上で、公式アカウントを利用し自社のブランディングの向上やユーザーの購買意欲上昇を果たしている企業が多く存在します。今や最も重要な市場であるSNSをビジネスで利用することは、企業にとって必要不可欠です。ただ、実際にどのような形でSNSの公式アカウントを利用すれば良いのでしょうか?

この記事では、すでに成功している企業のSNS公式アカウントを参考に、SNSにおける公式アカウントの活用方法をご紹介します。

Twitterの公式アカウント成功事例

Twitterのアカウントをうまく活用するためには、「どれだけユーザーに広告を届けるか」が重要になります。しかし、ただ宣伝ツイートを繰り返すだけではユーザーは離れていってしまいますよね。大事なのは、「ユーザーにとって有益なアカウントだと認識された上で、宣伝ツイートをすること」です。

そんなTwitter運用を成功させている2つの公式アカウントをご紹介します。

成功事例①:シャープの公式アカウント

Twitterの公式アカウントの特徴として、全てのツイートが宣伝だと思われてしまうデメリットがあります。そのため、ユーザーは公式アカウントのツイートは全く気にするとこなくスクロールしてしまうため、せっかくの宣伝がユーザーの目に止まりません。

そんな問題を解決しているのが、SHARPの公式アカウントです。SHARPの公式アカウントは、自社の宣伝情報だけでなく、思わずクスッと笑ってしまうようなツイートを多く発信しています。

例えば、以下のようなツイートがあります。


https://twitter.com/SHARP_JP
このように、ユーザーにとって親近感が湧くようなツイートを頻繁に織り交ぜることによって、SHARPが発信するツイートに注目させ、宣伝を効果的に伝えることができるようになります。同じような、親近感の湧くツイートをしている公式アカウントは他にもたくさんあります。どんな企業でも実践できる最もポピュラーな手法ではないでしょうか。

成功事例②:無印良品の公式アカウント

Twitterでフォロワーを増やすためには、ユーザーにとっていかに有益なツイートをするかが重要になってきます。ツイート自体の情報の質はもちろん、写真を加工したり、文章を読みやすくしたりなど、様々な工夫をすることができます。そんなユーザーファーストなツイートを心がけている公式アカウントが無印良品です。

無印良品のツイート内容は、ユーザーに与える親近感等はないものの、一つ一つが丁寧に作り込まれているのがわかります。

例えば以下のようなツイートがあります。

https://twitter.com/muji_net/status/1005238047934418944

ツイートの内容は自社製品の宣伝が主ですが、一つ一つのツイートにオススメの使用方法やおしゃれな画像が乗っていたりと、非常に作り込まれています。このようなツイートを続けるのは、企業にとってやや負担になりますが、SNSマーケティングとして相応の成果を出すことができるでしょう。

Instagramの公式アカウント成功事例

Instagramは写真付きの投稿が前提となります。そんなInstagramでユーザーがアカウントをフォローするときに「こんな写真が見たい」という思いでフォローをすることになりますそのため、アカウントの投稿には「こんな写真を投稿するよ」という一貫性が必要になります。

例えば、カレーの画像が見たくて、カレー屋さんのアカウントをフォローしたのに、全く違う料理の画像ばかりが投稿されていたら、ユーザーからしたら迷惑ですよね。つまり、Instagramのアカウント運営で最も大事になってくるのは、「一貫性」です。

そんな大事な一貫性をしっかりと守っている公式アカウントを2つご紹介します。

成功事例①:チキンラーメンのアカウント


https://www.instagram.com/chickenramen_hiyoko/
チキンラーメンのアカウントでは、一貫して「ひよこちゃん」の写っている写真が投稿されています。このアカウントをフォローする人は「ひよこちゃんがみたい!」と思ってフォローするため、しっかりとユーザーのニーズを考えたInstagram運営が魅力的ですね。もちろん、このアカウントはチキンラーメンの売り上げにも大きく貢献しています。
チキンラーメンのアカウントが写真を投稿するたびに、フォロワーはチキンラーメンのことを思い出すため、購買意欲の向上にもつながっています。

成功事例②:クリスピークリームジャパンのアカウント

Krispy Kreme Japanさん(@krispykremejapan)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/krispykremejapan//
ショッピングモールでよく見る、「クリスピードーナツ」の公式アカウントです。こちらも、「おしゃれなドーナツの写真が見たい!」というユーザーのニーズを考えたInstagram運営が際立っています。クリスピークリームジャパンは、ただドーナツの写真をせるだけではなく、その写真のおしゃれさにも一工夫加えられています。

このように、Instagramをうまく活用していくのであれば、投稿する写真のおしゃれさにも目を向けていくのが良いでしょう。

成功事例を参考に、オリジナリティあふれる公式アカウントを作ろう

・Twitterの公式アカウント運営
「ユーザーにとって有益なアカウントだと認識された上で、宣伝ツイートをすること」を考える
・Instagramの公式アカウント運営
「こんな写真が見たい」というユーザーに対して、一貫性を持った運営をする

SNSの運営は非常に難しいところがありますが、成功しているアカウントに目を向けることで、上手に活用することができます。

  • なぜこのツイートをしているのか?
  • なぜこのようなコメントをしているのか?
  • なぜこの写真を投稿しているのか?

公式アカウントのSNS上の行動には全て意味があります。しっかりと分析して、自社のアカウント運営に活かしていきましょう!アカウントの作成でお困りの方はお気軽にご相談下さいませ。

無料相談フォーム

法人名称必須
お名前必須
電話番号必須 ※ハイフン(-)を除いて数字のみで入力してください。
メールアドレス必須
ご利用形態
サービス導入を考えている商品やブランドであてはまるものをお選び下さい。必須
波及をお考えのメディアがあればご選択下さい。
※複数選択可
専門メディアインスタグラムTwitterFacebookその他
相談されたい内容を選択してください。
※資料請求の方はこちらからご請求ください

※見積もりおよび提案はご要望や状況のヒアリングののち最適なご提案を致します。
お問い合わせ内容

取引実績企業様一覧(※一部抜粋)

波及数・金額・効果をぜひご実感ください!
フォロワー数が多いインスタグラム・インフルエンサーや、商品特性にあった年齢をセグメントすることで、効果の高い人を選定することも可能です!
サンプリング・口コミマーケティング、SNS対策・波及でお困りでしたら、お気軽にご相談ください!

関連記事

  1. 「バズる」のは本当にいいこと?メリット・デメリットを解説

  2. SNSの「ストーリー」を効果的に活用するには?

  3. 認知→興味→比較→購入まで繋がる
    口コミ・SNSマーケティング

  4. 企業でライン公式アカウントを利用する際に注意すべきこと4つ

  5. 化粧品・食品サンプリングプロモーションで口コミ・レビュー対策

  6. 今さら聞けない!インフルエンサーってなに?