【今さら聞けない】LINE@と公式アカウントの違いってなに?

【今さら聞けない】LINE@と公式アカウントの違いってなに?

今やほとんどの人が利用しているSNS。スマートフォンが普及したことにより、SNSは生活から切り離せないものになりました。その中でも、日本人が最も利用しているSNSが「LINE」です。2018年12月現在では7,300万人がLINEを利用しています。

LINE利用者の増加に伴い、LINEを使ったマーケティングも普及してきました。そのツールに「LINE@(ラインアット)」と「LINE公式アカウント」があります。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

この記事ではLINE@とLINE公式アカウントの違いについて、また導入のしやすいLINE@の活用方法について解説します。

LINE@とLINE公式アカウントの大きな違いは「露出度」と「料金」

 
実はLINE@とLINE公式アカウントには、基本的な機能に大きな差はありません。どちらも「友達登録したユーザーへ情報を配信するサービスである」であり、タイムラインへの投稿やお得なクーポンの配布をすることができます。

では、この2つの違いは何なのか。それは「露出度」と「料金」です。それぞれの違いを表にしました。
 

  露出度 料金
LINE@ 低い 安い
LINE公式アカウント 高い 高い

 
表からは「LINE@は安価だが露出度は低く、LINE公式アカウントは露出度は高いが料金が高い」ことが分かります。それぞれどのように違うのか、まずは露出度について解説します。

露出度について

LINE@は「既存顧客にリピートしてもらうサービス」であると言えるでしょう。LINE@特有の機能である「ショップカード機能」を利用することによって、形のないポイントカードをユーザーに配布することができます。しかしLINEアカウントは、IDを直接ユーザーに検索してもらわないと登録ができません。そのため、そもそもサービスそのものを知らない人に向けての情報発信力は弱いです。

一方、LINE公式アカウントは「新規顧客の獲得に向いたサービス」であると言えるでしょう。LINEのプラットフォーム内での露出が高いため、より多くのユーザーを友達登録に導くことができるのです。また「スポンサードスタンプ」という自社オリジナルスタンプを作成することができます。このスタンプはLINE公式アカウントを友達登録すると無料でダウンロードでき、サービス認知を深める働きをしてくれるのです。例えば楽天の「お買いものパンダ」やソフトバンクの「白戸家のお父さん」などがこれに当たります。

LINE@とLINE公式アカウントでは露出の面では大きくLINE公式アカウントに軍配が上がることが分かりました。では、料金についてはどうなのでしょうか。

料金について

LINE@は比較的安価に使用することができます。制限こそありますが無料でタイムライン投稿が可能で、一番高い「プロ」でも月額21,600円とお手頃です。反面、LINE公式アカウントは初期費用で800万円以上かかります。さらに先ほど紹介したオリジナルスタンプの配信には2,000万円もの金額が必要なのです。

露出度や金額のから考えると、LINE@は「店舗や施設などの小規模事業者向け」、LINE公式アカウントは「大企業向け」であると言えるでしょう。

販促ツール・分析ツール・顧客対応窓口として。幅が広いLINE@活用法

 
前の章ではLINE@とLINE公式アカウントの違いについて解説しましたが、LINE公式アカウントは導入するのに大金が必要です。しかし、LINE@もうまく活用することで収益を大幅に上げることができます。

LINE@の基本的な機能:
登録者へのメッセージの配信、登録者のタイムラインへの投稿、クーポン・PRページを配信することができる。

メッセージの配信機能の中でも活用したいのが「リッチメッセージ」です。これはリンク付き画像を配信できる機能で、テキストだけを送信するよりも内容を視覚的に伝えることができ、またリンク先のページへのクリック率を上げることができます。

クーポンの機能を活用すると、新規顧客の獲得も可能。登録者に対しクーポンを配布できるのですが、このクーポンを友達に共有できるようにすると、そのクーポンを使用するために友達もLINE@を登録してくれます。これによって新規登録者を自然と増やすことができるのです。

またお客様から予約の電話に出られないと、来店チャンスを逃してしまうことにも繋がります。そこでLINE@の「1:1トーク」を活用して予約してもらうようにすれば、少し手が空いたときに返信することができます。お客様からの連絡に漏れなく対応できるのです。

LINE@には他にも、ホーム画面やタイムラインがどれくらい見られているかを確認できる機能があります。この機能を活用することで、どのキャンペーンが効果的だったかなどを分析することも可能なのです。販促ツールとしても、分析ツールとしても、顧客対応窓口としてもLINE@ひとつで行うことができ、しかも導入は無料。その便利さと手軽さから、LINE@を導入している店舗・企業が増えているのです。

新規顧客獲得・リピーター増加のためにまずはLINE@を導入してみよう

 
この記事ではLINE@とLINE公式アカウントの違いについて、またLINE@の活用方法について解説しました。LINE公式アカウントは露出度は高いものの、導入するための料金が高額なのでなかなか手が出せません。

しかしLINE@もうまく活用することによって、新規顧客を作り出すこともリピーターを増やすこともできます。導入するのは無料で手軽にできるので、まず一度試してみてはいかがでしょうか。

サウスポーではライン@を活用したプロモーションのご相談も承っておりますのでご興味ありましたらお気軽にご連絡下さい!

無料相談フォーム

法人名称必須
お名前必須
電話番号必須 ※ハイフン(-)を除いて数字のみで入力してください。
メールアドレス必須
ご利用形態
サービス導入を考えている商品やブランドであてはまるものをお選び下さい。必須
波及をお考えのメディアがあればご選択下さい。
※複数選択可
専門メディアインスタグラムTwitterFacebookその他
相談されたい内容を選択してください。
※資料請求の方はこちらからご請求ください

※見積もりおよび提案はご要望や状況のヒアリングののち最適なご提案を致します。
お問い合わせ内容


 

取引実績企業様一覧(※一部抜粋)

 
波及数・金額・効果をぜひご実感ください!
フォロワー数が多いインスタグラム・インフルエンサーや、商品特性にあった年齢をセグメントすることで、効果の高い人を選定することも可能です!
サンプリング・口コミマーケティング、SNS対策・波及でお困りでしたら、お気軽にご相談ください!

関連記事

  1. 【Instagram×インフルエンサー】
    集客のお悩みを解決す…

  2. 化粧品・食品サンプリングプロモーションで口コミ・レビュー対策

  3. 「バズる」のは本当にいいこと?メリット・デメリットを解説

  4. 事例から見るSNSマーケティング

  5. 参考にしよう!SNS公式アカウントの成功事例4つ

  6. 企業でライン公式アカウントを利用する際に注意すべきこと4つ