【一般女性158人が回答】テレワークとコスメの関係性 調査レポート

施策運用担当 榎本
施策運用担当 榎本
サウスポー榎本です。この度、第2広報室の会員さんからテレワークをしている人を抽出しアンケートを実施。「テレワーク」と「コスメ」の関係性を調査しました。

調査概要

<調査目的>

アフターコロナ・ウィズコロナに向けた販促・PRの仮説を立てるため、
現在、テレワークをしている女性のコスメ購買の変化を知る。

<調査手法> 定性調査

定性調査とは、「何となく気持ちいい」「割といい感じ」といった、
性質的で数値化できない消費者の基準を広く聞き出すのに適している調査です。

解析することにより、販促活動のヒントを見つけることができます。

調査レポート(完全版)無料提供中

施策運用担当 榎本
施策運用担当 榎本
今回、こちらの調査をまとめたレポートを販促・PR担当者様に『無料』でお送り致します。

 
ご希望の方は、

  • 右下のチャットボックス「サービスの資料が欲しい」をクリック
  • or.

  • splead@southpaw.co.jp に直接メール

「テレワークとコスメに関する定性調査 レポート希望」の旨をお伝え下さい。
担当者からご連絡させて頂きます。

調査レポート(サンプル版DLはこちらから)

<設問>

  • Q1. コスメにかける金額はテレワーク前と比べて変化はありそうか
  • Q2.「増えそう」を選んだ人の理由
  • Q3.「減りそう」を選んだ人の理由
  • Q4.「変わらなそう」を選んだ人の理由
  • Q5. 使用する「メイクアップアイテム」について、テレワーク以前と現在で変化はあったか
  • Q6. 使用する「基礎化粧品」について、テレワーク以前と現在で変化はあったか
  • Q7. テレワークをしたことで新たに、どんな特性のコスメが欲しいと思ったか

□有効回答数:158人
□年代割合:~20代 16% ,~30代 50% ,40代~39% ,50代~5%
□調査主体:株式会社サウスポー
□調査地域:全国
□調査期間:2020年4月16日~2020年4月21日

※株式会社サウスポーは、一般社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会の賛助会員に加盟しており、協会のガイドラインに沿った統計調査を実施しています。

調査レポート(完全版)無料提供中

ご希望の方は、

  • 右下のチャットボックス「サービスの資料が欲しい」をクリック
  • or.

  • splead@southpaw.co.jp に直接メール

「テレワークとコスメに関する定性調査 レポート希望」の旨をお伝え下さい。
担当者からご連絡させて頂きます。

施策運用担当 榎本
施策運用担当 榎本
コロナ禍の誰も経験したことのない状況、何から手を付けていいかわからないときこそ、「生活者の意見」からさまざまなヒントを得ることができます。
調査レポートが御社商品のPR・販促の参考となれば幸いです。

関連記事

  1. 6か月以内が決め手?クチコミの投稿日の重要性とは?

  2. 情報の検索方法に変化?消費者はどのように検索している?

  3. ネガティブ意見は?レビューで消費者が求める情報

  4. 消費者が本当に参考にしている情報サイトはどこ?

  5. 日本マーケティング協会主催 JMRAアニュアル・カンファレンス2019…

  6. クチコミはなぜ必要?ユーザーの心理とは?