第2広報室「お家ライター」の属性紹介

定性調査で探る!「消費者の基準」

第2広報室の会員とは?

弊社 株式会社サウスポーが運営する第2広報室は、メーカー様の商品PRをお手伝いする会員「おうちライター」が集まるサイトです。2020年4月時点の会員数は28,000人!

本記事では、この28,000人にスポットを当てて、どんな会員が所属しているかについて、具体的にご紹介します。

◆第2広報室会員はこんな人!

弊社会員属性

年齢構成は30~39歳が最も多く、次いで40~49歳、20~29歳が占めています。
職業の雇用形態は正社員が多く、2番目に専業主婦の会員が多く所属しています。
また、居住エリアは東京をはじめ関東近郊が多くなっています。


さらに、上のグラフは、弊社会員が所有するメディア・SNSのアカウント件数です。この結果から、クチコミサイト、twitter、インスタグラム、ブログへの登録数が多いことがわかります。

全合計は約35,000アカウントなので、各会員が平均2アカウントを所持していることもわかります。そして、弊社の投稿記事波及数の秘訣は、ここにあります!

投稿記事数の実績

1人あたり2つ以上のメディア・SNSへの投稿が期待でき、実際に過去の案件でも波及率200%以上を超え480%を達成する案件もありました。

弊社会員の特徴をさらに見ていきます。

弊社会員に1か月に使用するコスメ(スキンケアアイテム、メイクアップアイテム)の金額について聞いてみたところ、500,1円以上が約半数を占めています。

日本化粧品工業連合会ホームページに掲載されている、総理府統計局の家計調査年表によると、2人以上の世帯における年間平均化粧品支出金額について2017年の結果は34,380円。つまり、1か月あたり2,865円なので、弊社会員の1か月あたりの使用額は当時の全国平均より高いことがわかります。

またこのことから、コスメや美容に興味のある会員が多いことがわかります。

ブログアカウントを所有または記事執筆経験のある会員のライター歴については、65%が5年以上の経歴を持っています。また、ブログアカウントを所有または記事執筆経験のある会員の、これまでの記事執筆数については、100件より多くの記事を書いている会員が61%となっており、文章を書き慣れている会員が多く所属しています。

また、個人ブログや記事執筆の経歴が長いことにより、執筆記事数も多く、特にコスメや美容の体験談を執筆することに慣れている会員が多い点が特徴です。

第2広報室の特徴

—–
●#体験 イベント
生活者に参考になる体験談のライティングを目的に、
体験したからこそわかる、
・自分の年齢や肌質から感じる、商品の魅力やおすすめポイント
・商品の質感・性能に関する感想
・現在使っているものとの比較や、アレンジなどの意見

実体験から生まれるリアルな口コミをご自身のブログやSNSなどにお寄せください。
※イベントにより内容が異なりますので、必ず募集要項・アンケート・発送メール等をご確認ください。
—–
第2広報室では上記のような募集をしており、体験イベントが中心となっています。
このようなアナウンスに対し、会員が実際に商品を使用し、リアルな感想を自身の言葉で投稿します。

実際の投稿例

通常案件


このように、弊社では会員に商品を使用していただいた後、その実感や体感をお寄せいただくシステムとなっております。

テーマ有 案件


またこちらの事例は、「実際に外で使用しているシーンがわかる様子」をテーマに実施しました。
メイクの上からいつでもどこでも使うことが出来る商品の特性を表現するため、オフィスやカフェで使用している写真とあわせて、その使用感をお寄せいただきました。

このように、豊富な執筆経験を持つ会員が複数のメディア・SNSでしっかりと貴社商品の魅力を投稿してくれます。
施策を行い、使用者ならではの使用感を表現してもらうことで消費者の購買意志の後押しに繋げ、販売促進を行いましょう。

お気軽にお問合せください!

サウスポーでは、施策実施の際にテーマを設け、そのテーマを軸として使用感を謳ってもらうことが可能です。
ぜひご相談だけでも、お気軽にお問合せ下さい。
 
 
▼サウスポーで取り組みできる口コミ×SNSプロモーションをチェックしてみる


 

無料相談フォーム

法人名称必須
お名前必須
電話番号必須 ※ハイフン(-)を除いて数字のみで入力してください。
メールアドレス必須
お問い合わせ内容

関連記事

  1. 「顧客目線」を吸い上げることで成功した実体験の話

  2. ステマ(ステルスマーケティング)の意味と対策

  3. 第三者からの評価を獲得し活かす「会員コミュニティー」(アンバサダーマー…

  4. 一人十色の時代だからこそ、やっておくべきプロの定性調査

  5. SNSマーケティングは目的別に使いわけよう!

  6. メリットとベネフィット 似ているようで違う 言葉の意味